Hello Visits

ハロー!で出会える未来。
<
 

〜アメリカ留学体験記〜最初は友だち0人・ぼっちで昼ごはんを食べていた

上智大学4年生で弊社のインターン・原千夏さんはアメリカ留学の経験者。しかし、原さんの留学にはいくつかの後悔もあるようです。せっかく留学をするのだから、できるだけいい経験にしたいですよね。そこで、留学を失敗させないためのポイントについて、原さんにお話を聞きました。

留学先では「ものすごく厚い本を大量にもらった」

IMG_7594 (1)

――原さんの留学生活はいかがでしたか?

私は大学2年生のときに、アメリカ西海岸のワシントン州にあるゴンザガ大学で、10カ月の交換留学を体験しました。結果として留学は楽しかったし、いろいろなことを学べましたが、大学選びに失敗してしまって。だから、後輩には、「留学前の準備はしっかりしなきゃダメ」と伝えたいです。

――準備とは、具体的にどのようなものですか?

私はリベラルアーツの大学で第二言語習得論を学びたかったのですが、その授業を受けることができるのは大学院だけだったんです。シラバスが英語だったので、授業を受けられる条件などがよく理解できていませんでした。同じような経験をした話はたまに聞くので、注意が必要です。英語のシラバスでもしっかりと読み込んで、自分の受けたい授業が受けられる大学を探してください。

――なるほど、それは残念でしたね。他に、実際に留学してみて気づいたことはありますか。

留学生の数やクラスの規模も調べたほうがいいと思います。小さいクラスでは、わからないことを気軽に教授に質問できました。毎日、教授室に行って「ここがわかりませんでした」とか。留学生の数が多かったり、クラスの規模が大きかったりすると、そこまでは手が回らなくなってしまうでしょう。

あとは、留学先の大学は“英語を喋れるようになる場所”ではないんです。英語を喋るだけ、文化を経験したいだけなら、短期留学の方がいい。交換留学では、英語はあくまでもツールでしかなくて、大学は勉強をしに行くところです。私は最終的に、ジェンダーと教育の勉強をしました。日本にない価値観を持って帰ってきて、自分の糧にする。そんな意識でいるといいと思います。

そうわかっていても、ものすごく厚い本を大量にもらったときはびっくりしました(笑)。軽い気持ちで行くと、勉強が大変で、嫌になってしまうのではないかと思います。私は幸い、勉強が面白かったので、楽しく過ごすことができました。

留学先での友だちの作り方

――留学先では友だちはできましたか?

最初は友達が0人で、ぼっちで昼ごはん食べていました。もちろん日本人の留学生はたくさんいましたが、日本人だけでつるんでしまうのはイヤだったんです。だって、それなら日本でもできるじゃないですか。だから、授業や寮で友達を作りました。ディベートのクラブに入って、最終的には7人も友だちができましたよ。

 

IMG_7601

記事冒頭の写真は、留学生サークルのISU(Interculutural Student Union)のメンバーで”holi”というヒンドゥー教の春のお祭りに参加して、色のついた粉を掛けあうというイベントをしたときのものです。

こういうイベントは、参加するだけで楽しい空間を共有できるので、友だちが作りやすいんです。ダンスやスポーツなどのイベントは、すぐ友だちがほしい人にお勧めです。

後輩に「留学したい」と聞かれたら

IMG_7598 (1)アドバイスは2つです。1つ目は「目標を持ってください」ということ。私は、留学先で勉強したい授業が取れないことを知ったとき、全教科Aを取ることを目標に変えました。「留学生だからできなくて当然」ではなくて、「留学先でもいい成績が取れた」と自分の自信になるように、留学期間中は成績にもこだわりました。

2つ目は、留学先では相手の言葉がよくわからなくても、日本語が混じってもいいから、「とにかく自分も言葉を発してください」ということ。海外で黙っていると、何も考えていない人だと思われてしまうんです。留学先も地方によっては発音なんて変なのだから、気にせずにどんどんその国の言葉で話した方がいいですよ!

いずれにせよ、重要なのは「何をしに行きたいのか」です。もし、「就活に有利になる」と思っているなら、留学経験者なんてたくさんいるから、大したアドバンテージじゃないんです。だから、向こうに行ってどんな経験をするのか、それを留学前にしっかりと考えておきましょう。

留学経験のある社会人の方の話を聞いてみよう

弊社VISITS WORKSでは、プロフィールに記載された学生時代の経験や今の仕事、そして将来の夢を見てからOB・OGに会いに行けるサービス VISITS OB を提供しています。

就職活動に便利なのはもちろん、大学1〜2年生でも快く会って話を聞かせてくれるOB・OGの登録も多数。例えば、あなたが留学の話を聞きたいなら、プロフィールをチェックしてみましょう。社会勉強にもなるので、ぜひ VISITS OB を利用して、社会人の方の話を聞いてみてください!

VISITS OB
キャリア大学

OB/OG訪問ならVISITS OB

社会の最前線で活躍する社会人の方のプロフィールを見て、会いに行ってみませんか?